ワインのテースティング

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年04月22日     

     

4月に入ってからワインのテースティングを農園内で週4から5回行っています。ぶどうの栽培は、徐々に上達していますが、ワインについてはこれからです。そこで、卸先のワインショップなどに行ったときに、お薦めのワインを買い求めては、2本ずつ開栓して1週間でどのように変化するかを15項目くらいについてコメントしています。
一覧表の項目の香りや飲んでの表現方法が大変、難しく毎回、首をかしげながらのテースティングですが、新しいワインとの出会いに喜びや驚きを感じています。今週は、三笠市にある滝沢ワイナリーの「旅路」と「ミューラートウルガウ」です。旅路は小樽の近くの塩谷で僅かしか栽培されていない品種です。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65842980.html

ハウス内で野菜が育っています。

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年04月09日     

     

農園の小さな野菜ハウスでは、数種類の野菜が育っています。アスパラは、10株ほど根から芽を出し食べごろを迎えています。残念ながら皆さんにお送りするだけはありません。5月中旬の露地アスパラまでお待ちください。ミックスリーフ、小松菜も食べごろを迎えています。その他に、玉ねぎの苗、にんじんが小さいながら育っています。種を蒔いて芽が出始めたのがラデッシュ、白かぶ、とうもろこし、バジル、ビーツなどです。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65840409.html

農業×環境会議フォーラム2015

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年04月03日     

     

3月30日(月)、富良野文化会館で「農業×環境会議フォーラム2015」が開催されて、私は、パネラーで参加しました。パネラーは4人で占冠村のスローフードジャパン事務局長の山本氏、「土の舘」館長の田村氏、「北瑛小麦の丘・美瑛料理塾」塾長の斉藤氏、コーディネーターは立教大学講師の清水氏で行われました。それぞれ違った立場での発言でしたので、楽しい内容でした。参加者は、観光関係者、行政関係者など関心の高い人たちが参加していました。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65839321.html

雪ムロ試験~越冬キャベツ

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年04月01日     

     

3月28日、昨年11月につくった雪ムロで貯蔵中のキャベツを出してみました。昨年の12月には、雪が僅かしか降らず、寒い日もあり凍害に遭ってだめだと思ったキャベツがなんとかなりいい状態で貯蔵されていました。びっくりして雪ムロ試験を指導いただいた、東海大学の石田教授に電話をしたら、午後から来てくれました。そしてデータ蓄積用の温度計を取り出してみてみると、なんと外気温がマイナス20℃でも雪ムロ内はマイナス4℃でした。もう少し工夫をすれば、いい雪ムロになりそうです。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65838902.html

京王プラザホテル札幌でワインイベントに参加

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月25日     

     

3月24日(火)、京王プラザホテル札幌で「2015、プラザワインヘリテージvol.3」が開催され、参加しました。第1部は、フード&ワインジャーナリストの鹿取みゆきさんの講演と生産者5名でパネルディスカッション、その後、200名近いお客様でワインパーティが行われました。当農園のワインも試飲していただきました。落ち着いた雰囲気の中、質の高いワインパーティでした。当農園のシャルドネは、大変、高い評価をいただき、さらに道内のワインの造り手の皆さんと親交を深めることができ、うれしい一日でした。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65837619.html

小川商店さんを訪問

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月21日     

     

3月16日、旭川市にある小川商店さんを訪ねました。日本酒、焼酎、ワインなどを扱う酒店です。路地裏の目立たないところで、地域に密着して地道に酒店を営んでいるという印象でした。当農園のワインも取り扱っていただいています。今後、連携を密にしていいワイン文化をつくっていくことができればと思っています。せっかくおじゃましながら写真を撮り忘れてしましましたので、ホームページからの店の様子です。




元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65836723.html

旭川しんきん産業振興奨励賞受賞

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月18日     

     

3月16日(月)、旭川信用金庫本店にて、第23回旭川しんきん産業振興奨励賞の表彰式があり、出席しました。当農園は、ワイン事業で奨励賞を受賞しました。ワイン事業を始めて8年が経ちました。栽培品種も上富良野町では、大変、栽培に厳しいピノ・ノワール、シャルドネ、メルロです。試行錯誤のなか、当農園ブランドのワインの販売まですすむことができました。お陰様で多くのワイン関係の人脈もでき、多くの皆さんに支えられながら自前の醸造施設まであと一歩のところまでくることができましたが、さらにハードルが高いので、これからが正念場です。次のステップのいいきっかっけになり、また、これまでの取り組みを評価していただき、心より、感謝しております。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65836064.html

地酒仙丸さんを訪ねて

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月15日     

     

3月13日、札幌市にある地酒仙丸さんを訪ねました。場所は、石山通り沿いにあります。1月から当農園のワインの販売をお願いしています。ワインの他に日本酒、焼酎など日本中の特徴のあるお酒を全国の酒蔵を訪ねて納得のいく商品を発掘しては消費者の皆さんに紹介して地道に販売を続けている素晴らしい店でした。オーナーの安斎さんと常務のお嬢さんからワインの消費動向など興味深い話を伺うことができました。仙丸さんは、店舗内でジェラードも販売しています。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65835423.html

フランス料理の美味しい店

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月14日     

     

富良野で美味しいフランス料理を楽しめる店があります。10数年前から営んでいる「ル・シュマン」です。オーナーシェフの甲斐さんはフランス、スイスなどで5年ほど修行してきて、地元の食材を生かしながら提供しています。10年ほど前からの付き合いですが、先日、久しぶりに行ってきました。店内に入ると梁から下げてある生ハムが強烈に目に入ってきます。スイーツも最高の美味しさです。また、甲斐さんは、ワインは渡欧中にかなりの数を飲んでおり、当然ながらめっぽう詳しいです。今後、ワインについて応援していただく予定です。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65835248.html

コープさっぽろ富良野店で販売

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月12日     

     

コープさっぽろ富良野店で当農園のワインとにんじんジュースの販売が始まりました。昨年11月に第9回コープさっぽろ農業賞の交流部門の最高賞、札幌市長賞を受賞したのがきっかけで取引が始まりました。ポップも立派なものを作っていただき、紹介をしてくれています。旭川市内でも5店舗(シーナ店、東光店、春光店、忠和店、神楽店)で販売をしていただいています。コープさっぽろにお越しの際は、ぜひ、ご覧いただきご賞味頂ければ幸いです。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65834989.html

雪解けが進んでいます。

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月08日     

     

3月8日(日)、晴天の暖かな日です。十勝岳連峰も純白の雪化粧を美しく映し出されています。今年の冬は積雪が大変少なく、農園内の雪も3月下旬のようです。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65834055.html

玉ねぎの種まき

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月06日     

     

3月6日(金)、当農園の小さな野菜ハウスで玉ねぎの種まきをしました。40年前に使用していたドラム状の播種機で昨年自家採取したレオという品種を播きました。今朝はマイナス10℃位まで下がりましたが、日中は気温が上がり、ハウス内は常夏の状況です。そのほか、にんじん、ベビーリーフ、ほうれんそう、小松菜も少しずつ種をまきました。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65833634.html

食品合同展示会

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月06日     

     

3月4日(水)、札幌コンベンションセンターで食品合同展示会が開催され出展しました。主催は釣り用品総合卸商社など4社を展開する㈱アイビックです。一般の方は入場できない関係者限定の展示会でした。限定的な展示会ゆえに中味の濃い内容になりました。


元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65833633.html

愛知県のワイナリーを訪ねて

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月06日     

     

2月28日(土)、愛知県豊田市にあるアズッコ エ アズッコ ワインの圃場にオーナーの須崎さんを訪ねました。イタリアのワイン品種を栽培しており、昨年、ワイナリーをオープンしました。眼下にあるぶどう畑を眺めながら須崎さんのワインにかける想いを聞くことができ、楽しい贅沢なひと時でした。


元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65833632.html

醸造用ぶどう栽培セミナー

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月06日     

     

2月21日(土)、札幌市で開催された「醸造用ぶどう栽培セミナー」に参加しました。50名程のワイン関係者が参加し、内容も多岐に亘り充実したセミナーでした。セミナー終了後、当農園ワインの販売をお願いしているワインショップに立ち寄ってきました。


元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65833630.html

初めてのワインツーリズムの受入れ

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年03月06日     

     

2月14日(土)午後2時過ぎにワインツーリズムの一行40名が来園されました。朝8時半に札幌を出発してふらのワインで試飲をして後藤純男美術館で日本画を鑑賞して美術館で昼食を摂ってからの来園でした。当農園でワインツーリズムを受け入れるのは初めてです。シャルドネとメルロを試飲していただき、にんじんピクルスも食していただきました。そして最後に当農園のかぼちゃの野菜まんを焼いて召し上がっていただきました。僅か45分の滞在でしたが、楽しい交流ができうれしく思っています。午前中は、同じ札幌から除雪ボランティアの15名の皆さんが来園されました。今日は久しぶりに賑やかな一日となりました。


元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65833628.html

2014コープさっぽろ農業賞授賞式 2015/1/1

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年01月01日     

     

2014年11月7日、第9回コープさっぽろ農業賞の授賞式が札幌のパークホテルで行われ出席しました。当農園は、農業漁業交流部門の最優秀賞の札幌市長賞です。書類審査の1次審査、現地審査の2次審査を終えて最終審査で決定しました。当農園は、さまざまな取り組みをしており、15年くらいの取り組みの成果が認められたことにひとつのけじめとして今回の受賞はうれしく思っています。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65824492.html

2014冬ぶどうの樹を雪で保温 2015/1/1

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年01月01日     

     

2014年12月中旬からぶどうの樹に1本ずつ雪をかけました。積雪がほとんどなく、12月中旬にようやく20センチくらいになりました。寒さも厳しくマイナス20℃まで下がる日もあり、僅かな雪をかき集めて一本ずつ丁寧にかけていきます。筋肉痛に遭いながら全部の樹に雪を掛け終えて、2日後に暖気になり、雨も少し降り、せっかくかけた雪が30%くらい解けてしまいました。また、掛け直しをしました。その後も少し出かけたのですが、降雪があり、雪の中で温かく眠っています。雪の中は、0℃~マイナス2℃くらいです。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65824490.html

2014上川農経塾の講師 2015/1/1

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年01月01日     

     

2014年12月9日、上川農経塾の講師として減農薬とクリーン農業について話をしてきました。このセミナーは、上川総合振興局主催の新規就農者やUターン者、新卒で家業の農業に従事した人たちが対象です。約40名ほどが参加していました。皆さん熱心に話を聞いてくれて、質問も出されました。若い農業者は、熱心です。将来がたのもしくも感じました。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65824488.html

2014雪ムロ制作 2015/1/1

 
 

作成者:多田繁夫
作成日:2015年01月01日     

     

2014年冬、少し大型の雪ムロを制作しました。中には、キャベツを入れて、温度と湿度を毎日記録しています。東海大学の石田教授に指導いただきながら進めています。積雪がほとんどなく、気温がマイナス20℃まで下がる日など、かなり低めになったので、キャベツは、凍害に遭ってしまいました。雪が降らなくては、雪ムロの機能は発揮できません。自然相手の実験は、予定通りいかないのが常ではと思います。



元記事:http://blog.livedoor.jp/ninjinkoubou/archives/65824487.html